熱膨張計(DIL)

熱膨張測定(DIL)とは、試料が変形しない程度の荷重を加えながら、試料の温度を一定のプログラムで変化させたときの固体、溶融体、粉体、ペーストなどの寸法変化を、極めて高精度で測定する方法です。

DIL 402 Expedis Select & Supreme 高精度熱膨張計

DIL 402 Expedis Select & Supreme
高精度熱膨張計

【特徴】 -150~2000℃までの幅広い測定レンジに対応した高精度横型熱膨張計。1×10-8台の再現性を有し、2検体同時測定や示差方式での測定も可能です。

【仕様】温度範囲:-150℃~2000℃
分解能:0.1nm
測定再現性:1×10-8
最大試料サイズ(長さ、径):52mm、φ19mm

DIL 402 Expedis Classic 高精度熱膨張計

DIL 402 Expedis Classic
高精度熱膨張計

【特徴】RT~1600℃までの測定に対応し、全温度領域において分解能0.2nmを可能にした高精度横型熱膨張計。1×10-8台の再現性を有し、全膨張、示差方式での測定も可能です。

【仕様】温度範囲:RT~1600℃
分解能:0.2nm
測定再現性:1×10-8
最大試料サイズ(長さ、径):52mm、φ19mm

TD 5000 SE 押し棒式熱膨張計

TD 5000 SE
押し棒式熱膨張計

【特徴】 -150~1700℃までの測定レンジに対応した横型熱膨張計。1×10-7台の再現性を有し、測定終了後の冷却も高速に対応。不活性ガスの他、酸化性、還元性、減圧、真空、水蒸気各種対応いたします。

【仕様】温度範囲:-150℃~1700℃
分解能:0.025µm
測定再現性:1×10-7
最大試料サイズ(長さ、径):20/55mm、φ5mm

DIL 402 E/7 & E/8 真空タイト・横型押し棒式熱膨張計

DIL 402 E/7 & E/8
真空タイト・横型押し棒式熱膨張計

【特徴】最高2800℃までの超高温熱膨張測定装置。不活性あるいは真空条件下でグラファイト、恒温セラミックスや耐熱金属などの根雨膨張評価に対応します。

【仕様】温度範囲:-180℃~2800℃(加熱炉交換式)
分解能: 0.125nm
最大試料サイズ(長さ、径):25/50mm、φ12mm

GST 420 PC グレーズストレステスター

GST 420 PC
グレーズストレステスター

【特徴】最高1200℃までの釉薬応力テストを可能。加熱や冷却中に応力を受ける釉薬を施したロッドの曲がりを記録します。曲がりの方向と伸び量は計測することにより、釉薬を施したセラミックの焼結中に起こる応力状態が変化する温度範囲を測定することができます。

【仕様】温度範囲:RT~1200℃
測定範囲:曲げ5000µm
試料サイズ(長さ、幅、厚さ):260mm、12mm、6mm