EPLEXOR® Series 動的粘弾性測定装置


高精度にしか出来ない高荷重測定。

特徴

  • 静的荷重はサーボモーター、動的荷重は新開発モーターと、2つのドライブを使用する事で高性能・高荷重測定が可能。最大6000N の静的荷重に加え、最大±6000N の動的荷重を与えられます。
  • 2つのモーターを使用する世界初の” W ドライブ” システムにより、±6000Nの動的荷重と0.01μmオーダーの高精度な変位制御を両立。静的ドライブを使用した引張試験やタッキネス測定も可能。
  • 荷重の検出精度を高めるために交換式センサーを採用。0.01μmの変位制御とあいまって、高荷重のアプリケーションから数10μm薄膜フィルムやファイバーの測定も容易に行えます。
  • オートサンプラーもラインナップされております。

EPLEXOR® High-Force DMTA Series

サンプルホルダー

圧縮

引張(フィルム)

引張(繊維状)

3点曲げ

非対称3点曲げ

4点曲げ

引張 – 液浸

せん断

デュアルカンチ
レバー

DMTA+DEAの
同時分析

仕様

※表は横にスクロールできます。

型式 EPLEXOR®25N EPLEXOR®100N EPLEXOR®150N EPLEXOR®500N
変調荷重範囲 ±25N (50N)* ±100N (200N)* ±150N (300N)* ±500N (1000N)*
一定荷重範囲 150N 150N
オプション仕様:1500N
150N
オプション仕様:1500N
150N
オプション仕様:1500N
動的ひずみ ±1.5mm (3mm)* ±1.5mm (3mm)* ±1.5mm (3mm)*
オプション仕様:
±3mm(6mm)*
±1.5mm (3mm)*
オプション仕様:
±3mm(12mm)*
静的変位 ~ 60mm ~ 60mm ~ 60mm ~ 60mm
周波数範囲 0.001 ~ 100Hz
オプション仕様:
0.0001 ~ 200Hz
0.001 ~ 100Hz
オプション仕様:
0.0001 ~ 200Hz
0.001 ~ 100Hz
オプション仕様:
0.0001 ~ 200Hz
0.001 ~ 100Hz
オプション仕様:
0.0001 ~ 200Hz
温度 室温 ~ 500℃
オプション仕様**:
-160 ~ 500℃,
室温 ~ 1000℃/1500℃
室温 ~ 500℃
オプション仕様**:
-160 ~ 500℃,
室温 ~ 1000℃/1500℃
室温 ~ 500℃
オプション仕様**:
-160 ~ 500℃,
室温 ~ 1000℃/1500℃
室温 ~ 500℃
オプション仕様**:
-160 ~ 500℃,
室温 ~ 1000℃/1500℃
HYGROMATOR® 湿度:5 ~ 95%rH;
温度:5 ~ 95℃
湿度:5 ~ 95%rH;
温度:5 ~ 95℃
湿度:5 ~ 95%rH;
温度:5 ~ 95℃
湿度:5 ~ 95%rH;
温度:5 ~ 95℃
UV アクセサリー オプション オプション オプション オプション
  • * ピーク値(ピーク to ピーク)
  • ** オプション最大温度は、1000℃ または 1500℃。旧機種の EPLEXOR® にも装備可能

アプリケーション
データ

SBRのガラス転移測定

図はカーボンブラックを配合したSBRと配合していないSBRの複素弾性率E*と損失正接tanδの温度依存性を示したグラフです。

カーボンブラックを配合していないSBRの複素弾性率E*はガラス転移の前後で約3000MPaから5MPa以下まで減少しているのに対し、カーボンブラックを配合しているSBRはガラス転移以降約2倍の値を取ります。

ゴムサンプルはガラス転移前では非常に硬く、サンプルを変形させるには高荷重をかける必要があります。直径10mmほどの大きいゴムサンプルの高荷重圧縮測定はネッチのEPLEXOR® 500 Nで測定することができます。

ニッケルチタン形状記憶合金の高荷重引張り測定

図はニッケルチタン形状記憶ワイヤーの複素弾性率E*と損失正接tanδの温度依存性を示したグラフです。温度上昇に伴い、形状記憶合金は金属固有の温度(100℃)でマルテンサイトからオーステナイトへの変態が見られます。この温度で急激な複素弾性率E*の増加と損失正接tanδの減少が観察されました。(昇温速度:3℃/min, 周波数:10Hz,引張)

石英ガラスの高温測定

EPLEXOR®は1500℃までの高温測定に対応した世界で最初のDMAです。図は幅5mm × 厚み2mm × 長さ30mmのそれぞれ異なる石英ガラスを測定した結果です。高温における損失正接tanδの値はサンプル間で大きく異なっていることが分かります。(昇温速度:2℃/min, 周波数:1Hz, 非対称3点曲げ)