STA-GCMS Coupling System JMS-Q1500GC発生ガス分析装置
(ガスクロマトグラフ質量分析計)


NETZSCH社製TGと日本電子製GC/MSのカップリング装置

特徴

  • STA449 や STA2500 等各種TG とのカップリングが可能です。
  • 天秤部は真空密閉構造を採用し、ソフトウェアでコントロール可能なオートバキューム機能を搭載。大気成分のバックグラウンド成分の低滅に寄与します。
  • 電子イオン化(EI) 以外にも化学イオン化(CI) や光イオン化(PI) 等のイオン化方法を選択する事が可能です。また、EI/PI は共用イオン源のためイオン源を交換する必要はありません。
  • 上皿式天秤の特徴である発生ガスの希釈を抑えた高感度MS測定が可能。
  • 質量範囲も1 ~ 1022 u とワイドレンジです。

JMS-Q1500GC + STA449 Jupiter

JMS-Q1500GC + STA 2500 Regulus

仕様

  • 形式
    STA + JMS-Q1500GC
  • イオン源
    標準:EI  オプション:PI、CI
  • イオン化エネルギー
    EI:10~200 eV
  • マスレンジ
    1~1022 u
  • 接続可能装置
    STA 2500:0.03μg / 1g STA 449 F1:0.025μg / 5g
    STA 449 F3:0.1μg / 35g STA 449 F5:0.1μg / 35g

アプリケーション
データ

揮発性金属酸化物ガスの検出

様々な化学処理の過程において揮発物の生成機構の把握が重要視されております。図は、硝酸ニトロシルルテニウム(RuNO(NO3)3)試薬の熱分解にともなって、揮発性の金属酸化物としてよく知られている四酸化ルテニウム(RuO4)が少量揮発する様子を捉えた測定結果です。昇温過程において、180℃付近でRuO4に相当する質量数にピークが確認され、各質量数の強度比はRuの天然核種組成とよく一致しています。

光イオン化法によるPSの熱分解挙動

PSのPI法(光イオン化法)の測定結果を示します。100℃付近より始まる重量現象と共にスチレンの熱分解挙動が示されています。PI法での測定により、m/z891までの抽出クロマトグラムを確認することができます。