熱機械分析(TMA)

熱機械分析装置は、加熱や冷却中に熱機械特性の変化を捉えることができ、熱膨張に加え、相転移や焼結過程、軟化などの挙動を捉えることが可能です。品質管理から研究開発まで幅広い範囲で使用されており、プラスチック、エラストマー、塗料や染料、複合材料、接着剤、フィルムやファイバー、セラミックス、ガラス、金属など材料は多岐にわたります。色々な材料の組成や構造、製造条件や応用可能性に関する有用な知見を提供します。

TMA 402 F1/F3 Hyperion® 高精度熱機械分析装置

TMA 402 F1/F3 Hyperion®
高精度熱機械分析装置

【特徴】0.125nmの最高分解能を有するTMA。従来測定困難な薄膜厚み方向、高温引張試験、ソフト荷重、10-8オーダの再現性各種対応。多彩な荷重モードにも対応し、精度の高いヤング率(E')の測定も可能です。

【仕様】温度範囲:-150℃~1550℃
分解能:0.125nm
最大試料サイズ(長さ、径):30mm、φ12mm
測定モード:膨張、引張り、3点曲げ、針入

TMA 4000 SE 熱機械分析装置

TMA 4000 SE
熱機械分析装置

【特徴】樹脂からセラミックスまでの幅広い材料に対応したTMA。-150℃から1700℃までの測定に対応し、10-7オーダの再現性を保証。圧縮、引張り、針入、3点曲げ、粘弾性、キュアー等各種対応します。

【仕様】温度範囲:-150℃~1700℃
分解能:0.025µm
最大試料サイズ(長さ、径):20mm、φ10mm
測定モード:圧縮、引張り、針入、3点曲げ、粘弾性、キュアー

湿度 TMA 4000 SE 水蒸気発生装置

湿度 TMA 4000 SE
水蒸気発生装置

【特徴】相対温度湿度制御により、吸水、脱水による膨張・収縮評価が可能。長時間の連続測定を可能にし、インサイチュウで正確な寸法変化の評価が可能です。

【仕様】温度範囲:5℃~90℃
湿度範囲:5%~90% RH
制御安定性:±0.5℃以内、±0.5% RH
変位測定範囲:±0.5~±2500µm

ページトップへ