耐火物試験/クリープ測定/熱破断装置/熱伝導率

ほとんどが不均一な組成を持つ耐火材には、特殊な強度試験法が確立されています。耐火材負荷試験 (RUL)及び圧縮クリープ試験 (CIC) は、設定された負荷、温度/時間における、試験片の変形抵抗を特定します。熱間破壊強度 (HMOR) は、熱間破壊強度テスターで評価します。不均一セラミックスの軟化・融解挙動は、いわゆる Seger コーン (PCE ?高温コーン等価法)で、間接的に比較評価します。これらのすべての装置は、対応する装置・測定規格に適合しています。